社労士試験に合格できない理由4つと解決法6つ【これをやったら受かった】

「社労士試験に何度挑戦しても合格できない…。」

 

こんなあなたのための記事です。

  • 何が何でも!社労士試験に合格したい
  • 社労士試験の受験勉強に行き詰っている
  • 自分の勉強方法で良いのか確信が持てない

 

受験生の頃の私

沢山の時間を犠牲にして、勉強最優先の生活をしてきたはずなのに…。

SNSで合格者が合格通知の写真を投稿しているのを見ると、素直に「おめでとう」と言う気持ちになれない自分が嫌でした。

 

カザエさん

また一年、受験勉強中心の生活をすると思うと辛いですよね。
今回の記事が、勉強に行き詰っている方の参考になれば嬉しいです。

 

カザエのTwitterアカウント(@kazae_san

 

5年目の勉強を開始したと同時期にシングルマザーになり「アシスタントのパート生活を抜け出さなければ!」と、窮地に立たされた私。

受験生の頃の私

これまでと同じ事をしていたら、永遠に合格できないかも…。

と考え、5年目からはこれまでの方法を改善しながら勉強をし、6年目の本試験で合格することができました!

 

この記事の内容
  • 社労士試験に合格できない理由
  • 合格できない理由を改善した勉強法
  • 合格できない「マインド」と「教材」改善の必要性

 

社労士試験の勉強は、取り組む「考え方」や「方法」を変えるだけで結果が大きく変わることを実感しました。

カザエさん

この記事の中に「ハッ!」と思い当たることがあれば、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

社労士試験に合格できないループに陥ったシンママの理由4つ

合格できないのは勉強に対する考え方や方法に理由があります。

 

 

私が陥っていた合格できない理由4つをご紹介しますね。

 

 

理由①:語尾や主語をおろそかにする

社労士試験は主に法律条文から出題されます。

 

法律条文は語尾の違いで意味が大きく変わります。

「~することができる」
「~しなければならない」
「~努めなければならない」

 

また、その主体が「誰なのか」「どこにあるのか」といった区別も必要です。

「厚生労働大臣は・・・」
「都道府県労働局長は・・・」
「所轄労働基準監督署長は・・・」

 

合格できない頃、本試験で問題を見て「あれ?どっちだったっけ?」と頭が真っ白になっていました。

カザエさん

覚えたつもりになっていましたが、整理できていませんでした。

 

 

理由②:暗記の意味をはき違えている

社労士試験は暗記しなければならない事が膨大にあり、「語呂合わせ」の参考書なども人気。

しかし、合格できない頃の私は、暗記の意味をはき違えていました。

 

たとえば、

「1185(いいはこ)つくろう鎌倉幕府と暗記できていても、「鎌倉幕府成立までの経緯を説明しなさい」と言う問題には答えられない

つまり、暗記したことの理解ができていなければ、まったく使い物にならないのです。

カザエさん

ちょっとひねった聞き方をされると手も足も出ませんでしたね。

 

社労士試験は、「暗記」「理解」どちらも必要な試験なのです。

膨大な範囲や複雑な内容を暗記だけで太刀打ちできないとわかりました。

 

 

理由③:問題演習が「作業」化している

社労士試験対策は「過去問を解くこと」がとにかく重要と言われています。

私も毎年過去問演習はしっかり取り組んでいたはずでした。

 

合格できない頃の過去問演習は、

  1. 問題を解く
  2. 答え合わせ
  3. 間違えた問題に付箋を貼る
  4. 付箋の付いた問題を解く

の流れで取り組んでいましたが、付箋の付いた問題をまた間違える

カザエさん

「記憶力が悪いせいだ」と思い込んでいました。

 

「答え合わせして付箋を貼る作業」をしていただけで、「知識を深める」ことや「理解」をしていないことが理由でした。

 

 

理由④:マニアックな知識に自己満足する

「重箱の隅をつつく勉強はするな」

カザエさん

一度は聞いたことありますよね。

 

その通り、社労士試験は7割正答できれば良いのです・・・がっ!

受験2年目、一発合格できなかったのが悔しくて誤った奮起をしてしました。

 

受験生の頃の私

受験経験者の私は基本知識はできているはず!もっと深い知識を付けよう!

と、奇問難問の周辺知識を調べまくったり、『六法全書』まで見たり、例外の例外のような事例を一日中考えたり…。

 

受験生の頃の私

難問にこだわる私ってカッコイイ!

と自己満足してた「だけ」・・・。

 

模試の時期になり、結果表を見たら「7割以上の人が正答している問題が解けていない」現状を突き付けられました。

カザエさん

ナメてましたね(笑)

 

 

社労士試験に合格できない理由の解決法

前述の理由を解決するために、実際に私が取り組んだことをご紹介します。

 

 

解決法①:マーキングのルール化で視覚的に記憶

合格できない頃は、テキストを読み込む際「ここは大切だな」と思った箇所にマーカーで線を引いていましたが・・・

カザエさん

大半の部分に線を引いてしまって、意味が分からなくなる始末。

 

なので、マーカーの使い方をルール化しました。

 

語尾のマーキングルール
  • することができる→黄色
  • しなければならない→ピンク
  • 努めなければならない→青

上の写真の場合だと、『(安衛法)通知対象物』の項目と、マーカーの色が目に飛び込んできます。

テキストを読み返したときに一字一句全て読み返さなくても、【文書の交付等】は義務、【変更の通知】は努力義務であることが、パッと見てわかります。

 

主体のマーキングルール
  • 厚生労働大臣→ピンク
  • 都道府県労働局長・地方厚生局長→緑
  • 労働基準監督署長・公共職業安定所長→青
  • 労働基準監督官→黄
  • その他→赤ボールペンで四角く囲む

これ以外の重要な用語をマーキングするときは、マーカーは使わず赤ペンで下線を引く程度です。

カザエさん

しかし、ここでも気を付けることがあります!

 

1回目の読み込みの段階から赤ペンを使うと、どれもこれも大切な部分に思えるので真っ赤っかに!!

なので、講師が「線を引いておきましょう」と言った箇所や、問題演習で何度も間違えてしまう箇所に絞り込みました。

 

マーキングのルール化のメリットは、【文字+色】で視覚的に記憶できるところ。

なので、本試験のときにイメージで記憶を辿り寄せることができるんです!

 

 

解決法②:制度改正背景はストーリー仕立てで抑える

特に年金科目においては「昭和〇年4月1日以前生まれ」といった生年月日が頻繁に出てきますね。

社会保障制度は改正が繰り返されており、その改正の背景をストーリー仕立てで流れを抑えることで、抵抗感なく理解できるようになりました。

 

ここでは『老齢厚生年金の給付乗率』を例に挙げます。

老齢厚生年金の額について勉強する際、まず目に入る「昭和21年4月1日以前生まれ」。

 

受験生の頃の私

え?ナニコレ?意味わからん。

となるのは当然です。

 

カザエさん

年金科目に出てくる生年月日は法改正の背景を抑えれば腑に落ちるので、苦手意識もなくなりますよ。

(以下、めちゃくちゃザックリと解説します。)

旧厚生年金法では給付乗率が1,000分の10でしたが、昭和60年の年金大改正のときに20年掛かりで25%引き下げ、1,000分の7.5にしました。

 

ただし、従来「1,000分の10の計算で年金がもらえる」と思って加入していた人に「ハイ!今日から1,000分の7.5ね!」としたら、当然反発が起こります。

 

だから、昭和60年の年金大改正のタイミング(S61年度)で20歳になる昭和21年度生まれの人以降に1,000分の7.5を適用し、それより前(昭和元年~昭和20年度)に生まれた人達は段階的に1,000分の10~7.5に引き下げをしました。

 

さらに、平成12年改正の「5%適正化」によって、現在は1,000分の7.125となるわけです。

 

制度改正が何度も繰り返されている年金科目は、テキストに書いてあることをやみくもに覚えようとすると詰みます…。

 

このような背景は「社会保険一般常識」科目で具体的に解説されているのですが、

カザエさん

一般常識科目は、直前期前に急ぎ足で取組んで曖昧なまま消化不良でした。

 

「年金科目は難しい・・・、一般常識科目も曖昧なまま・・・」

そんな状態で本試験を受け、毎年のように年金科目と一般常識科目の失点が原因で不合格。

 

そこから脱却するためにやったことは、

  • 年金科目と社会保険一般常識科目の該当箇所を連携させ同時進行
  • 公式サイトの解説を活用

 

受験生の頃の私

この部分、何言ってるの?

という部分が出てきたときは、公式サイトで調べるのがおすすめ!

労働社会保険の知識が全く無い人でもわかるように説明されているので、テキストを読むだけでは理解できなかった事柄も解決できました。

公式サイトリンク

カザエさん

自分で調べることで、確実に知識になりました。

 

 

解決法③:事例問題は「仕組み」の理解が優先

このような制度運用の事例問題が苦手でした。

  • 高額療養費の算定(健保)
  • 労働保険料の計算(徴収)
  • 標準報酬月額の変更(健保・厚年)

 

計算問題といえども実際に文章で出題されると、単に計算式を丸暗記していただけでは容易に解けません。

カザエさん

計算式やルールは覚えてるのに、事例を式に落とし込めず正答できなかったことも…。

 

例えば、「標準報酬月額の適用」についてなら、

  1. 6月1日から12月31日までの資格取得者は、翌年の8月まで
  2. 7月以降に随時改定された場合は、翌年の8月まで

と、ひたすら(太字部分を)丸暗記していました。

 

その後実務に携わるうち、「定時決定(算定基礎届)がベースとなる仕組み」だと理解できました。

1の場合、

  • 定時決定の基礎(4,5,6月の報酬)が発生しない人→7月以降の資格取得者
  • 6月資格取得者が6月中に報酬発生して1箇月分のみで定時決定しても資格取得時の報酬月額と同じ→6月資格取得者

 

2の場合、

  • 7月に随時改定される場合、その基礎となるのは4,5,6月の報酬(=定時決定の基礎)
  • 8月以降に随時改定される場合、定時決定するよりも直近の報酬を基礎としている

 

つまり「定時決定の対象者から除外する人」であることが分かります。

実務経験がない人でも、1、2のような内容について「なぜそうなるのか?」とロジカルに考える習慣を付けてみてください。

丸暗記しなくても必然と答えが出たり、暗記が必要な場合でも覚えやすくなります。

 

 

解決法④:解答解説を読む習慣にした

以前は「解答解説なんて、間違えたりわからない時に読めば良いものでしょ!」と思い込んでいました。

しかし、正誤問わず解答解説を読むことを習慣にしました

 

(引用元:TAC出版 『 2021年度版 みんなが欲しかった! 社労士 合格のツボ [択一対策]』)

 

社労士試験は、過去に出題された問題を焼き直しして出題される傾向がありますが、まったく同じ出題形式とは限りません。

カザエさん

設問の解答のみを暗記する「作業」だけでは、少し捻って出題されたらアウトですね。

 

解答解説を読むメリットは、

  • なぜその解答なのか論理的に理解できるから知識が定着する
  • 設問に関連した知識も得られる
  • 設問の主旨が理解できる
  • 知識の再確認ができる

だから、角度を変えて出題されてもその知識を応用して解くことができるようになるんです。

 

 

解決法⑤:テキストに戻ることを徹底した

問題演習で不正解だったテキストの該当箇所を見直し、間違えた原因の部分を強調させたり、解答解説に載っていることを書き込みしました。

 

カザエさん

この書き込みで、当時の私はおそらく【3号分割『前』】についてよく間違えていたんでしょうね…。

数年経った今でも、このように当時のテキストを見ればどのような部分が弱いのか把握できるほどです。

 

テキストに戻るメリットは、

  • 問題で間違えた部分(=自分の弱点)に印をしておけば復習の優先度が一目でわかる
  • テキストに載っていない知識をメモ
この手間をかけることで、最終的にテキストが『勉強した知識の集大成』になるので効率が良いのです。

 

 

解答解説を読むことも、いちいちテキストに戻って確認することも、どちらも面倒くさいものです。

しかし、この面倒くささこそが実力になったのだと思います。

 

 

解決法⑥:基本事項を徹底的に抑える

社労士試験は大半の人が正答できない1問を正答できても、大半の人が正答できる問題を取りこぼしたらアウト

カザエさん

基本事項を確実に抑えれば、捻った問題ができなくても得点数は稼げることが下図からもわかりますね。

カザエさん

アテにしすぎるのはダメですが、「救済措置(合格基準の補正)」が行われることもあります。

上図で【ピンクの難問を大半の人が正答できなかった】場合、合格基準7点だったとしても「今年は基準点を6点に補正します」という措置。

大半の人が正答できた問題を取りこぼしていたら、救済措置があっても恩恵が受けられません。

 

私が意識したのは以下の2つ。

  1. テキストに書かれていること「だけは」確実に覚える
  2. 目的条文・適用範囲・頻出する数字や名称等の基本中の基本事項「こそ」何度も繰り返す

 

カザエさん

合格した際に私が使っていた「社労士独学道場」の教科書。
基本事項が抑えられたシンプルな内容だったからこそ良かったです。

TAC出版「社労士独学道場」を使った勉強方法についてはこちらの記事でもご紹介しています。

関連記事

>>【社労士試験】独学で合格したシングルマザーの勉強方法や勉強時間

 

 

【合格できない】それでもダメなら?根幹から改善

勉強の方法や考え方を改善してみても効果が出ない場合、合格できない理由はもっと根幹にあるのかもしれませんね。

 

つまり、根幹部分である【マインド】と【教材】の改善も合格できないループ脱却のキッカケになります。

 

 

合格できないマインド3つの考え方

本試験まで猪突猛進!というわけにはいきませんよね。

思い通りに勉強できないし、気分だって毎日変化する。

 

そんなストレスと付き合うために私が実践した『合格できないマインド』からの脱却方法3つをご紹介します。

 

カザエさん

社労士試験の勉強以外にも使える方法ですよ。

 

①:原点回帰

受験生の頃の私

こんなに頑張ってるのに合格できない!もう嫌だ!

落ち込みモードを超えて、やさぐれモードに突入することも度々ありました。

「こんなん、やってられっか!」って感じで、目の前のテキストを破り捨てたい気分。

 

そんな時は、いつもより1時間多く寝る、好きな物を食べる、お酒を飲む(ほどほどに…)などして気分を落ち着かせました。

そして「なぜこんな気分になってまで自分は勉強しているのか?」を心に問いかける。

カザエさん

私にとってそれは「息子の存在」でした。
資格とらなきゃ食べさせていけない!!

 

人それぞれ、社労士試験に合格したい「理由」があるから勉強を続けているんですよね。

自分に理由を問いかけて、「~だから、やめられない」と自分自身を説得しました。

 

受験生の頃の私

まあ、そういうワケで・・・やるしかないよね・・・。

と、渋々でも勉強できれば、それで良いのです。

 

②:気分を理由にしない

勉強開始した当時のモチベーションを本試験まで維持し続けられる人はほとんどいないはず。

受験生の頃の私

なんか気分が乗らないんだよね~。やめとこ。

気分が乗らないのをキッカケに、翌日もその翌日も・・・気づいたら1週間なんてことも。

 

受験生の頃の私

サボらずに毎日勉強しとけばよかった。

不合格通知を見るたび、悔いが残りました。

 

本試験当日、自分へ「こんなに頑張ったんだから大丈夫!」と言ってあげられるよう、

勉強するかしないかを気分で左右せず、とにかく決めた時間に机に向かって教科書を開く。

 

と心に決めて続けました。

 

カザエさん

私はam3:00-7:00の4時間は必ず机に向かうことにしてましたね。

 

③:「忙しい」を言い訳にしない

仕事、子育て、家事・・・

受験生の頃の私

勉強時間が確保できれば、勉強に専念出来て合格できたはずなのに!

と、何度思ったかわかりません。

 

しかし2021年度の合格者の職業別割合を見ても、半数以上の人が仕事の傍ら勉強していたわけですね。

カザエさん

「生活全てを勉強に注がなくても合格できる試験」だと言われた気がしました。

(引用元:社会保険労務士試験オフィシャルサイト

 

結局、「忙しい」を言い訳にしたところで、不合格になって辛いのは自分。

なので、

限られた勉強時間を充実させることに考えを変えました。

 

 

そのためにやったことは、

  1. スマホは絶対に触らない
  2. 細かく勉強計画(目標)を立てて取り組む
  3. 間違えた箇所は勉強以外の時間(家事や仕事中)に考える

 

特に3のように、勉強時間以外でも勉強の効果を上げられることがあります。

カザエさん

1日の中で社労士試験勉強の事を念頭に置くかが大切ですね。

 

 

合格できない教材を変えてみる

私が勉強の方法や考え方について改善しようと思えたのは、教材を変えたことがキッカケです。

カザエさん

こんな経験ありませんか?
  • 「毎年数十万単位の出費が痛手」
  • 「スキマ時間にできるツールがない」
  • 「2色刷りのテキストが単調でつまらない」
  • 「充実した内容だが全部手が付けられない」

・・・

 

不満を感じたり、キャパオーバーになっていたら『教材の変え時』かもしれないですよ!

 

今まで使ってきた教材は、慣れているし、どことなく安心感もあり思い切って変えてみる気になりにくいですよね。

私はシングルマザーになったのを機に、10万円以上の教材を毎年購入するのは不安という理由で、47,800円のパック教材に変えました。

 

これまで1科目1冊方式の教材で勉強していたため、購入当初はコンパクトにまとめられたテキストが不安でしたが・・・

勉強していくうちに、コンパクトにまとめられた内容だからこそ

  • 基本事項に徹底した勉強
  • 考える機会を与えられる勉強
  • キャパオーバーにならず密度の濃い勉強

ができました。

 

カザエさん

高校や大学受験の時に「自分に合った参考書を使ったら成績が上がった!」というのと同じですね!

 

通信講座選びについては、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

関連記事

>>【初心者・初学者向け】社労士通信講座を現役の私が徹底比較【8選】

 

 

合格できないループからの脱却は改善!【まとめ】

今回は何年も社労士試験に合格できない理由とその改善方法をご紹介しました。

 

 

 

それでもダメなら?

 

試合に負けたチームが、練習量を増やしたり、弱点を克服して勝ちにいくように、社労士試験の勉強も改善が必要です。

カザエさん

受験年数を重ねていると、無意識に同じことを繰り返しているだけかも?!

 

私は勉強に対する考え方や方法をかえりみたことで、合格することができました。

初心にかえり改善することは、合格できないループからの脱却チャンス!

カザエさん

本試験の直後「あ、今回は合格したな」と確信できますよ!

 

勉強方法や、この記事にも登場した教材『社労士独学道場(TAC出版)』の記事もぜひご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です